桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

玉田圭司「大事な時に点を取れる選手でありたいですね」

8月4日に放送されたJフットニスタで玉様のインタビューがながれてました

最初の言葉が 

「大事な時に点を取れる選手でありたいですね」

積み上げた経験と実績でチームを牽引 そんな玉田にこだわり続ける理想のゴールがある

「自分の思い描いたプレーが完璧にできた時 イメージしていることもあるけど身体が勝手に動いてくれる時もある 今年のプレーでいえば大宮戦の二点目 何人かで細かいパスをつながったゴールだったんですが やっぱり僕は形というものを大事にしている こういうプレーをつづけていけば もっと自分らしさが発揮できるのかなと」

ストライカーとしてJリーグや 世界のゴールネットを揺らしてきた玉田

「ストライカーですか? そう言われるのは嬉しいけど ストライカーという型にはまらずに 僕としてはいろんなプレーができるのを目標にやっていきたい」

そんな玉田も度重なる怪我にも悩まされて なんども壁にぶつかってきた それでも結果を残してきた

「自分でいうのもなんですけど僕はサッカーバカなんで 怪我をした時にもう本当に早く1日でも早くサッカーをしたいという気持ちでやれてることがサッカーを続けられれてる証拠 その気持ちがなければやめてるとおもいます その気持ちがある限り続けていきます」

サッカーとは? 「ほぼ僕の人生に等しいもの 子供の時はプロになりたいという大まかな気持ちはありましたが楽しいから続けてきた 楽しいから続けているそれは今も変わらない目標や理想は日々変わってきているが それを追い続けていきたいなと」

終始キラキラしてましたわ いい選手に来ていただけたもんです

だからこそ千葉戦の日記の重さが

来季のJ1 100ゴール共に味わいたい