桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

名実共に舞洲スポーツアイランド化?

ついに神戸とお別れするのかもね

オリックス 大阪市舞洲に“バファローズタウン”計画 ― スポニチ Sponichi Annex 野球 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/29/kiji/K20151029011405580.html

舞洲地区の利活用に係わるマーケティング・リサーチ(市場調査)」を実施。一般公募の形で民間事業者から提案を求め、3案が市に届いた。関係者によると、そのうちC案として公表されているのがオリックスの提案だと判明。内容は舞洲野球場の購入、新野球場の建設ならびに活動拠点として室内練習場や選手寮の建設を目指す一大プロジェクトだ。

提案書には、16年4月から50年間の土地賃貸契約を希望し、17年4月から全体運用を開始する予定と明記。舞洲野球場と新野球場の2つを並行利用し、高校野球大阪府予選、大学生リーグ戦など年間11万人という一般利用は確保しつつ、ウエスタン・リーグ公式戦の開催を目指す。さらに構想段階ながら、周辺に少年野球グラウンドの設置も目指し、子どもたちへの技術指導や大会開催という青写真もある。それら全てを含めると「バファローズタウン化計画」と言えそうだ。 舞洲球場は「大阪港スポーツアイランド施設条例」において大阪市の所有物だったが、9日に大阪市議会で条例改正案が可決。来年4月からは民間企業に運営を委託する方針を固めていた。そのため20日には一般競争入札による貸付け実施要領を発表。「価格競争による入札」で落札者を決めるとしており、オリックスは最高金額での落札を目指すことになる。 橋下徹大阪市長は、5月8日に掲載されたスポニチ本紙の単独インタビューで舞洲プロバスケットボールbjリーグ(当時)の大阪エヴェッサとJ2のC大阪プロ野球オリックスが集まる拠点ができつつある」と言及。舞洲地区を一大スポーツアイランドとしたい計画を抱いていた。来月に控える大阪市長選の結果にかかわらず、今回の入札計画はそのまま進むものとみられる。 瀬戸山隆三球団本部長はこの件に関して「ノーコメントとしか言えない」と言及を避けた。球団は現在、神戸市に2軍施設を置いているが、将来的な移転の可能性もありそうで、まずは入札の成否に注目が集まる。 

オリンピックを大阪へから早行く年 ついにスポーツアイランドが動き出すのか       ⬆︎この距離感なら影響必死 オリ姫の巻き込み方学べはいいんや← オリンピックの夢の跡地が 動きつつあるのか  まあ大阪近鉄バファローズなので仕方ないのかも とりあえず見守りますか