桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

「人件費」と「年間成績」からみえてくる“優秀”なJ1リーグのクラブとは?

よーく考えなくても大事なのはお金なんですが お金だけではないわけでございます

興味深い記事があったので全文引用

「人件費」と「年間成績」からみえてくる“優秀”なJ1リーグのクラブとは? All About 12月1日(火)18時45分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151201-00000009-nallabout-socc

「人件費」と「年間成績」からみえてくる“優秀”なJ1リーグのクラブとは? JIクラブの人件費について掘り下げます ■人件費が10位で年間最多勝点を記録したのは? J1リーグは今シーズンから2ステージ制が採用された。現在行われているチャンピオンシップで年間王者が決定するが、ここでは今シーズンの年間順位をもとに、各チームの費用対効果を調べてみる。 最初にチームの人件費を整理する。2015年度の決算は公表されていないため、最新のものとして2014年度決算から人件費を抜き出す。 1位)柏レイソル=20億5900万円 2位)浦和レッズ=20億5400万円 3位)名古屋グランパス=20億5300万円 4位)ガンバ大阪=18億1500万円 5位)横浜F・マリノス=17億6500万円 6位)FC東京=17億900万円 7位)鹿島アントラーズ=15億6200万円 8位)川崎フロンターレ=15億4600万円 9位)清水エスパルス=13億5400万円 10位)サンフレッチェ広島=13億4900万円 11位)ヴィッセル神戸=13億4800万円 12位)サガン鳥栖=11億7600万円 13位)ベガルタ仙台=11億4100万円 14位)アルビレックス新潟=10億8500万円 15位)ヴァンフォーレ甲府=7億5900万円 16位)モンテディオ山形=4億6300万円 17位)湘南ベルマーレ=4億5200万円 18位)松本山雅FC=4億4300万円 次に、2015年の年間順位を確認する。チーム名のあとのカッコ内の数字は、上記の人件費の順位だ。 1位)サンフレッチェ広島(10) 2位)浦和レッズ(2) 3位)ガンバ大阪(4) 4位)FC東京(6) 5位)鹿島アントラーズ(7) 6位)川崎フロンターレ(8) 7位)横浜F・マリノス(5) 8位)湘南ベルマーレ(17) 9位)名古屋グランパス(3) 10位)柏レイソル(1) 11位)サガン鳥栖(12) 12位)ヴィッセル神戸(11) 13位)ヴァンフォーレ甲府(15) 14位)ベガルタ仙台(13) 15位)アルビレックス新潟(14) 16位)松本山雅FC(18) 17位)清水エスパルス(9) 18位)モンテディオ山形(16) 全体的な印象としては、各チームの人件費と順位に関連性が見られる。 年間勝点が「50」以上の上位7チームは、相応の人件費を注いでいる。他方、年間勝点が「40」に届かなかった12位以下のチームは、人件費でも中位から下位だ。 そのなかで、ふたつのチームが目を引く。サンフレッチェ広島湘南ベルマーレだ。 まずは広島だ。 今シーズン開幕前の補強状況を振り返ると、J1リーグで10位だった2014年から大幅に人件費が増えたとは考えにくい。累積赤字の解消とその後の経営安定のために、過去数年は補強を自重してきた経緯があるからだ。2015年シーズンも石原直樹(31歳)、高萩洋次郎(29歳)、ファン・ソッコ(26歳)らの主力選手が移籍したが、彼らを上回る即戦力は補強しなかった。 リーグ戦で8位に終わった2014年から、戦力的にはマイナスのスタートと言っても良かっただろう。ところが、リーグ戦23勝5分6敗の成績を弾き出し、年間最多勝点を記録したのだ。 ■広島と湘南の共通点 広島の成功は、継続性がもたらしたものだろう。 現在は浦和レッズを率いるミハイロ・ペトロヴィッチ元監督(58歳)のサッカーを、2012年から指揮官に指名された森保一監督(47歳)が進化させた結果である。チャンピオンシップの行方は12月5日の決勝戦第2試合を待たなければいけないが、2012年、13年の優勝に続く今シーズンの結果は、チームの成熟度の高さを示すものだ。 湘南は2014年シーズンをJ2で戦っていた。J1へ復帰した今年は人件費が増えているはずだが、広島と同様に大型補強を敢行したわけではない。選手の入れ替わりは激しかったものの、チームの骨格はJ2当時と変わらなかった。ゴールキーパー秋元陽太(28歳)、ディフェンダー遠藤航(22歳)、ミッドフィールダー永木亮太(27歳)、菊池大介(24歳)らは、昨年から中心選手としてプレーしている選手たちだ。 湘南にも「継続性」という表現が当てはまる。チームを率いるチョウ・キジェ監督(46歳)は、2012年にヘッドコーチから昇格し、就任4年目を迎えた。選手の変動はあってもチームのスタイルに揺らぎはなく、自分たちのサッカーを磨き上げてきたことで、J2の優勝チーム──言い換えれば、J1の19位──からJ1の年間8位に躍進した。しかも、2014年の人件費はリーグで2番目に少なかった! 人件費と順位に乖離のあったチームとしては、柏レイソル名古屋グランパスがあげられる。柏はアジアチャンピオンズリーグで準々決勝まで進出し、その代償としてスケジュールが厳しくなった。名古屋はケガ人の続出に苦しめられた。それぞれに事情はあったものの、柏はリーグでもっとも多くの人件費を投じたクラブで、名古屋は同3位である。リーグ戦の中位では、評価も低くならざるを得ない。 14年度の人件費がリーグ9位の清水は、ナイジェリア代表経験のあるピーター・ウタカ(31歳)、ミッチェル・デゥーク(24歳)の両フォワードをシーズン開幕前に獲得した。しかし、第1ステージは3勝4分10敗で最下位に終わった。8月には川崎フロンターレなどで実績のあるチョン・テセ(31歳)を補強したものの、第2ステージでも2勝しかあげられなかった。 その結果、年間17位でのJ2降格が決定してしまったのである。クラブ史上初の下部リーグ転落となった。 人件費を上回る成果を残したクラブがいれば、その裏返しとして不本意なシーズンに終わるクラブがある。いずれにせよ、チームの人件費がそのまま順位に反映されたら、リーグ戦の興味を削いでしまう。 欧州各国リーグに目を移せば、イングランド・プレミアリーグレスター・シティが奮闘している。日本代表フォワード岡崎慎司(29歳)が所属するこのクラブは、選手の市場価値ではプレミアリーグ22チームで下位に属する。それでも、今シーズンはリーグ戦で首位争いを演じている。ビッグクラブと呼ばれる予算規模の大きいクラブは、レスターの頑張りに触発され、リーグ全体が盛り上がっていく。 各クラブの懐事情から成績を判断するという視線が、日本のサッカーにはもっとあっていい。クラブの年間予算や選手の年俸などを材料とした報道は、サッカーファン以外の人にも分かりやすい。人気回復の刺激剤にもなるのではないか。お金がすべてではないが、お金が重要なのは間違いないからである。 文・戸塚 啓(All About 日本代表・Jリーグ)

\優秀ではないJ2クラブ/

自前で見つけてくる もしくはきっちり育てるのが大事ということなんですよね 逃したチョーさんの損失はデカイかも

土台作りぶれてはいけないということなんですけど、若手との融合が進んでるとはいえないですよね(遠い目

セレッソは16億だけどフォルカウで7億だから 普通は10億程度

ヴィッセルが10億なことに驚きなんですが まあ行くべき場所をはっきり決めないことには