桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

熊本戦 大熊ブーイングの是非

スタンドに行けてない組ですが あえて自分の意見をまとめてみます

今話題の動画がこれ

なんかブーイングが問題になってるようでございます

「まだ可能性あるのに」 「贅沢すぎる」

とか言われてますけど

あくまでも今季の目標は自動昇格ですから(NOT全勝)

NHKで試合みたけど腰ぬかした これがシーズン終盤の試合なのかと

ボランチが機能してない 裏とられまくり いい守備ができてないから、いい攻撃ができてない

関塚さんに セレッソバランスを考えた攻撃といってたけど腰ひけてるだけだよな ここまできてかみ合ってない攻撃でいいのかと

結局俺のメネゲウがいなくなってあれから進化してないよね

よーさんがブーイングを力に変えるといったことに進化を感じましたけどね でもチームはいちがんにはなってない。もちろんサポも

 

3位昇格組の翌年の成績をみて自動昇格じゃないと意味がないとおもてるので2試合でラストバスに乗りたいとおもってない。だから見に行かないつもり。(長居の大一番見に行くとキセノンくらいの呪い発動する人だからね 事例 川崎F FC東京 愛媛 福岡)

あの残業事件以来ROUはスルーしたいので ブーイングでいいのでは?

岩政先生がブーイングについて素敵なことを語ってたので引用

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161122-00003759-besttimes-spo&p=1

最近よく、人と人の間に「何をしたらいい」というような正解はないのではないかと思います。大事なことは「何をするか」ではなく、「なぜするか」であり、行動ではなく、気持ちなのだと思います。逆に言えば、「なぜするか」が明確に考えられているなら、全て正解なのだと思います。 スタンドとピッチには多少なりとも距離があり、気持ちなど届かないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。心は無限大であり、気持ちは心から心に繋がるからサッカーは熱くなれるのだと思います。

なぜブーイングするのか 明確に考えてたら無問題ということですよね フォロワーのやすさんがいいこといってはります

サポーターだからブーイングしているはず 物事にクレームいう人は改善を期待している人ですもん 言わない人はファンやめてスタジアムにきてないっすわ

いろんな意味で一言「もう遅いねや」(良介)