桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

シンジラレナイ

といっても流行語大賞を獲得しそうなファイターズヒルマン監督ではない


昨日のスポニチに載った記事より



C大阪・名波“バースデーの誓い”救世主になる!

この(悪い)チーム状態で、下に2チームもいることが信じられない」

と苦笑しながらも、「川崎戦(12月2日)は自分がここに来た意味が問われる一戦」
と必勝を約束した。


同世代の人間なんでそんなに誕生日がそんなに

喜ぶべきではないかもしれませんが
ハッピーバースデー名波選手


チーム状況が信じられないって

どれだけ悪い状況なのか先が思いやられるやん

生きるか死ぬかの瀬戸際なのに

追い詰められないとテンションもあがってこないのだろうか

ぬるま湯の蛙じゃあるまいし

まあ開幕からずっとがけっぷちにいるから

麻痺している感はあるけどね


ここ2試合攻撃陣が機能しているとはいいがたいような気がする

この前の新潟といい名古屋といい決めきれなかたから
終戦までもつれ込んでいるわけですからね

でも前半戦を勝ち点6で終了したときには
終戦まで命が残っているとは思っても見なかったな

やはり名波選手の加入の功績は

ものすごく大きかったといえるだろう
(監督交代よりも勝ち点獲得してますからね)

もうひとつ気になる記事が

名波来季で引退「C大阪に来た意味」残留
「やり残したことはない。自分の中で(現役)はあと1年」と語った。

残り1年の現役生活を完全燃焼するため、今季はC大阪の残留に全力を注ぐ。


 「現役生活でやり残したことはないと思っているし、
自分の中ではあと1年…だね。目標のないままダラダラと

やるのは好きじゃないから。必死さ、泥臭さを見せたい」。

 移籍後はプレーだけでなく、精神的支柱として低迷するチームを変えた。
「俺が来た時は勝ち点6しかなかったからね」と名波。
現に17試合で1勝3分け13敗だったクラブが、

加入後は5勝6分け4敗と激変。影響力は大きい。

 名波はこの日、西村GMに「俺がセレッソに来た意味を、

ここ(川崎F戦)に集約します」と告げた。

これだけ腹くくっているんだよな
来年セレッソにいるかどうかわからないが
ぜひJ1で勇姿をみたいものであります。

なんとなく最近チームに勢いというか闘志が感じられないのが気になる
あまり先制していないことが原因でしょうね

最近カワムが起用されていないのは何ででしょうか?
河村選手が起用されていると勝ち点に恵まれているような記憶は
私の思い過ごしなんだろうか?

またゴール裏への煽りも見たいんですけどね

最終節はとにかく気持ちを見せて戦ってください

まさに闘わなければ生き残れないんですから


ほんまに頼みますよ