桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

明日はどっちだ

ちょうど一年前に柏と東京Vが降格した

あのときは対岸の火事と思っていたのですが…

今のセレッソは大きな分岐点に差しかかっているような気がする

主力に大量移籍があるのか否かという問題だ


柏と東京Vは同じような展開だったと思う

明神移籍をきっかけに大量移籍が勃発したレイソルだがフロント体制は大幅に変化したはずでレイソルを愛する選手は残ったはず
(南も残ったもんな)


東京Vラモス瑠偉を筆頭に古参選手がスタッフとして復帰し両小林を筆頭に移籍も多かったが資金にものをいわした強奪も多かったと記憶している

でその結果はあまりにも対照的なものになった

J2を余り真剣にチェックしていないから推測もあるのだが
レイソルは石崎体制で一丸に邁進していたように思う

東京Vは船頭が多くて船山に登っていた感があるんだよな

ラモス監督は永久政権を武器に好き放題選手批判してた感があるな

セレッソの明日はどっちだろうか

私的には外部の血を導入したレイソル方式がいいんですが

基本的に来るものは拒まず去るものは追わずでいいとおもうのですがね

セレッソはそのターニングポイントに来てるように思うが一体どうなりますやら