桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

試合をこなしただけの午後 大宮戦レビュー

試合を見終わったので
火曜に発売になったサカダイやサカマガ
エルゴラを読んだわけでございます

まあいい採点が出るわけ無いですね

サカダイの
「試合をこなしただけということが収穫」
という文章は頭に響く

その直後の指揮官の言葉

「真剣勝負を重ねることでしか
連携は向上しないし
完成するまで10試合はかかる」

発言はセイロンティーだが
テンションは上がらんですよ

で会見コメント

【J1:第1節 大宮 vs C大阪】レヴィークルピ監督(C大阪)記者会見コメント

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00097718.html

●レヴィークルピ監督(C大阪):
「みなさんこんにちは。今日は残念ながらセレッソにとっては
『自分たちの望むような午後』にはならなかった。
『良い午後』とはポルトガル語でこんにちはという意味ですが、
そうはならなかった。今日はグラウンドがスリッピーな中での試合展開で、
ボールが収まらず、それゆえフィジカルコンタクトの多い試合になったが、
そこで大宮のフィジカル強さがよく出た試合だっと思う。さらに、
セットプレーで大宮は2ゴール決めたが、決めるべきところでしっかり
決められているということを考えれは大宮の勝利

妥当な結果ではなかったかと思います。
次の第2節、もっとセレッソらしいサッカーをできるようにしないと、
グラウンドコンディションもそうなれば(セレッソらしい

サッカーを実現できる状態に)いいな、と」


Q:初めてJ1で戦ったが、通用した点としなかった点は?
「通用した点は、流れの中から5回くらい

決定的チャンスを作ったこと。
そういう部分では通用するところもあったと思うが

フィニッシュの精度を欠いてしまった。
修正点は?とあったが、開幕戦ということで

ボール収まりにくいことを考えたら、
修正点をあげるには早い段階だと思う。

選手には試合の中でのミスから
学びながらチームをもっともっと強くしようと

話をしたいと思っています」


Q:内容の悪い試合だと思うが、立て直す自信はあるか?
「おっしゃったとおり、今日のゲーム内容よくなかったのは
誰がみても明らかだと思う。チームを立て直す

絶好のチャンスが大阪ダービー


ガンバは大宮よりも経済的基盤を含め非常に

リーグを代表するチームのひとつ、
そのガンバに勝つことで選手も自信をつけると思う。

もちろん修正する自信はあります」

Q:グラウンドコンディションの話があったが、セレッソの選手が足を
とられて倒れること多かったが、ここはやりにくいのか?


「芝生そのものが問題かと言うとそうではなく、良く手入れの行き届いた
最高の芝だと思う。さっき言ったのは(雨で)スリッピーなために、
収まらないということ。そうなるとフィジカルコンタクト、
球際のせめぎあい、空中戦が増える。その中で大宮のほうが体格を
含めたフィジカルで上回り、良さがでたということがあると思います」

確かに決定機もあったけど
ボランチが悪すぎる

アレーとかピンゴ
思い出したもん

チームの心臓がアレならば
周りに負担がかかるのは
当たり前田のクラッカー

まあ赤い糸がつながるのを待ちます

雨やフィジカルを言い訳にしてるけど
この監督前向きだなー

そう言うところは私好きです

まあ人の言葉を受け入れることが
信じるということなんだから
信じますよ

BELONG TO CEREZO だもん

サカマガのMDP(MOST DAME PLAYER)という制度は爆笑しました

もちろんあの人ですがね