桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

理想と現実の狭間

理想と現実の狭間

今日のエルゴラの見出しはこれなんですよ


香川と柏木のコメントが載っているのですが
背番号8がお互いに「J1ではうまくいっていない」という
言葉から展開してるプレビューはいい切り口だわ


まだFC東京戦を見てないので(サポ失格)多くは語らないが
バックラインが低すぎてシステムが間延び
前線が孤立 しかもまだ連携もしっくりきてない
だから点が取れない

確かに大宮戦からは改善してるとは思う

でもそれだけではJ1でやっていけないということですよ

マルチネスとKKコンビを
マークしたらそれでOKですもんね

システム論は嫌いなんだが
なぜJ1で3バックが流行らないかというと
両サイドに広大なスペースが出来るから

ゴールライン幅70Mを3で割るか
4で割るかの違いは大きい

サイドの攻防がどうしても不利になる

最近3トップが大はやりだから
3バックに3トップなら
それだけで対応が精一杯

だからウイングも下がらざるを得ない
必然で5バック的な雰囲気になる

ボール奪取しても前線に人が足りないから
攻めに分厚さが無い

J2は前三人でどうにかなったが
J1はどうにかなりそうもない
それにさかつくラインもまだ太くない

10節まで様子見というのはアリエールでしょうね
劇的ビフォーアフターが期待できない今
勝ち点を拾っていくしかない

浦和は絶対に先手必勝を狙って押し込んでくる
ポゼッションは浦和でしょう

セレッソはそれをいなして後半勝負にかけるしかない
FC東京戦のようにね

両チームとも
「なんだか不発に終わりそうな気がするー」
のは気のせいかしら

まあ解説がセレッソ愛溢れる山野御大だから
それだけを楽しみにしますわ

クリスマスツリー作戦はいかがですか?w

参考資料
【Jリーグ】良質なサッカーとフォーメーションの関係〜広島とセレッソ大阪のスタイルの違い
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100326-00000302-sportiva-socc


J1:第4節 C大阪 vs 浦和】プレビュー:攻撃的タレントひしめくC大阪と浦和。
持ち味のアグレッシブさが開花するのはどちらか?(10.03.26)

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00098644.html