桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

オシンサッカー

一言で言うとギャンブル不発
岡ちゃんの二匹目のドジョウはいなかった


昨日のコートジボワール戦は何も収穫がない試合だった
システムは4-2-3-1でしたが
おもてたんと違う

まさか長谷部がトップ下に来るとは
ヤットだと思ってたのに

阿部とヤットのボランチコンビは共に不発
初めてやったからすんなりうまくいくと思わないが
阿部はアンカー向きなんでしょうね

あきらかに長谷部で攻撃も沈滞してた
世界ランク27位のチームとの試合で
急造システムが機能するわけがない

メンバー変えた後半もグダグダ


イングランドでとりもどしかけた
自信をなくしただけの試合だった

終了後に修正点が見つかった的な
インタビューと思ってたら
もっとスゴイ内容だった

軸は本田?俊輔?岡田監督最後まで“迷走”
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/06/05/01.html

「身体能力が高く、技術のあるチームで、カメルーン
同じレベルだと思っていた。
攻撃では前半は選手の距離が遠くて、
ボールを受けに来る選手がいなかった。
後半はボールは動いたけど、人が下がりだして
前に行く選手がいなかった。戦える選手と、
そうでない選手がはっきりした」

いやいや戦える23人を選んだのは誰なんだよ
カチンと来た

自分の采配に否は無いのかとか
小一時間問い詰めたいけどやめておく

この試合で分かったことはひとつ

日本は先制しなければ
そこで終了ですよということ

この4連敗で得点はわずかに1
跳ね返すべき得点力が無い

いまのワントップは格上には厳しすぎる

ゴール前でのセットプレーにかけるしかない

それ以外はもう耐えるというおしんサッカー
でいくしかないんじゃね

0-0でいければどうにかなるし
勝ち点も取れる可能性もある

そこに賭けましょう


PS
本田を前に使った0トップが観たい