桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

カッチカチやぞ

カッチカチやぞ
セルビア対ガーナ 

混戦と言われてるグループD開幕戦
サプライズを起こすともいわれてるセルビア
この試合が今日のメインカード

スタメン紹介でセルビアのルコビッチを
ブコビッチと空耳してから
西武のブコビッチを思い出し
燃えろプロ野球のVコビまで
暴走するパリーグ


立ち上がりからお互いに仕掛けあう
前の試合と比べると再生スピード2倍以上 

ゴール前までいくものの
セルビアは流れでは攻めてない
ガーナも前にいけない

ガチンコでいい試合
お互いの最終ラインは強固なブロックで
簡単にわれそうにない

まさに「カッチカチやぞ」

セルビアがロングボールを多数狙いつつ
コンパクトに陣形を保っているのが驚き

ガーナがグダグダに見えるのは
セルビアのシステム力が異常ということか

ガーナもカウンターで活路を見出す

ここで解説の三浦さんが一言 
「セットプレーの得点率が40% メモメモ
カウンターアタックが30%」

ほんとみうみうはデーター主義だな


お互いの守備の踏ん張りがすごいまま
前半終了

しかし後半に入り徐々にセルビアのラインが下がり
ガーナが押し込み始めた


みうみう「監督の大事な仕事は選手に自身を持たせること」
セルビアはボール持ちすぎる 欧州はもっと簡単にボールをさばく」

なるほどね

ジリジリとした試合
点は入ってないが面白い

後半30分 ブコビッチ
この日二枚目の警告で退場

ガーナチャンスだよなとおもったが
セルビア10人の方が攻めてるという
サッカーの不思議

どうなるかと思った直後
エリア内でDFが痛恨のハンドでPK

これをサクッと決めてガーナ先制

ここからセルビアがさらに熱いサッカーに
チャンス作れるものの決めきれない

ロスタイムに入って
ガーナのギャンがシュートを放つも
バー直撃

これで試合終了

見どころあるいい試合でした