桜色舞うころ I Belong to cerezo

セレッソ桜色舞うころ I BELONG TO CEREZO セレッソ応援ブログ. 師走の長居でてっぺんとるまでセレッソ大阪を生温かく見守っていくセレッソ応援ブログ since 2005.

セレッソ 天皇杯3回戦 唯一のJ1対決を制す

危な勝った><

 

http://www.mycerezo.jp/match/summary/2017/20179999999920170712.html

f:id:mizzn60:20170713094620p:plain

 

ピコーン来る度に一喜一憂してました

延長で勝ち越されてあかんとおもったら 1分後に同点ピコーン

そして

 

あの隙間しかないところ振り抜いてる木本はん△

 全米が涙するレベルの動画

 

C大阪が激闘制す、2度リード許すも延長後半に決勝点/天皇杯 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

天皇杯全日本選手権第4日(12日、新潟2-3C大阪、デンカ)3回戦で唯一のJ1勢対決はリーグ戦首位のC大阪が激闘を制した。新潟に2度リードを許したが、山口のPKとリカルドサントスのヘディングシュートで追い付き、延長後半8分に木本が右足で決勝点を挙げた。

 

尹晶煥監督は「最後の最後まで諦めない姿を見せてくれたことを評価したい」とたたえた。  

 

ベストメンバーで臨んだ新潟とは対照的に、リーグ戦から大幅に選手を入れ替えた。層の厚さを示す結果となり、ゲームキャプテンを務めた山口は「全員で戦えたのは大きい」と収穫を口にした。

 

C大阪・木本(決勝点) 「シュートの時にうまく力が抜けた。練習の成果が出た」

新潟・呂比須監督 「ボールを回すこともできたし、チャンスもつくったが、決めるところを決めないと逆に相手に決められてしまう」

新潟・平松(試合前に味方の負傷で急きょ先発し、先制点) 「監督から思いきりやれと言われた。結果を残せたことは良かったが、チームが勝てなかったのでそこはあまり良くなかった」 

 

二度リードされるも追い付いての逆転勝利。ガス抜きできたし底上げもできたと そして天皇杯も生き残った。 次は抽選なのでどうなるか楽しみです

 

 

 

 

 写真あるの報道はメディアではこれくらいかと

 

新潟スクランブル出場の平松ゴール「びっくりした」 - 天皇杯 : 日刊スポーツ

f:id:mizzn60:20170713093112j:image

 

裏とられてるっぽい瞬間ですよね

 

今度の日曜にダイジェストがあるので 楽しみにしておきましょう

 

f:id:mizzn60:20170713092803j:image